もりした編集長が露地庭市に参加!

スタジオピリカの料理番長・発酵食品担当大臣を兼務するやる氣マンマン新聞の我等がもりした編集長が、イベントに参加しました。

大阪中津にあるキタの北ナガヤで行われた、『秋の露地庭市』11/10-11です!!

ごちゃ混ぜをコンセプトにした長屋だけあって、さまざまなテナントさんがそれぞれのこだわりをアピールされてました。

もりした編集長のこだわりはおにぎり&豚汁!

一見普通のセットですが、丹波篠山のこだわりのお米を土鍋で焚き上げたもの。
付け合せの赤カブのぬか漬けは、編集長の自家製。
豚汁はこだわりの黒豆みそで作られてます。

おにぎりがすごく美味しくて、何個でもいける感じでした!

自分の好きで大切にしているものを自分のペースで世の中にリリースしていく感じが長屋全体にあって、とても心地いい空間でした。

もりした編集長の活躍は今後も注目です☆

どんなに夜が遅くても毎朝の犬の散歩は欠かさない、文系と理系、仕事とプライベート、実年齢と精神年齢のはざまで揺れ動く40代
料理はまったくできないが、ぬか床の手入れは毎日することで自分は家のことを少しでもやっていると奥さんにアピールしたいお年頃