唯愛論ってなんだ?

以前に異業種交流会で知り合った方が、フェイスブックで

「人は何の為に生まれどこに向かっているのか?◆唯愛論◆」

って、上げてはりました。

後で聞いたら本を出されるらしいです!いいっすね~~♪

 

僕はただ、その「唯愛」という言葉に反応して感じたことが合ってコメントしました。

 

恐らく、いろんな方が、自分なりの

人間は何の為に生きてるのか?

という問い(Toy・おもちゃ)で遊んでるんですよね。

 

僕もこれまで、色々と自分なりに考えてきました。

 

それの一つの答えが


生まれて生きるってことそのものを体験するため

なのかな?と。あくまで僕の答えなので、あしからず。

死も含めて生きるそのもの自体が愛(宇宙、生命)そのものだって体感するためなんだろうなぁ~と

僕たちは、どんな楽しことをしてても、どんなに辛い目にあってても、どんな悲惨な事になっても、どんなに人を憎んでも、いじめても、悪いことをしていても、愛や宇宙から外れることは無いし、僕たちは一度もそこ(愛、宇宙)から外れたことが無い

すべての事が、唯唯、愛でしかない。

 

宇宙はすべての存在を許している。

宇宙は創造だけではなく、破壊でさえも許している。

その破壊さえも、創造の一部に入れることや、破壊として分離させていくことさえも許している。愛している。

 

辛い時や、悲しい時、苦しい時や、同しようもない時、どん底なときなども含めて、愛など存在しない。愛から外れたような気がする、愛されていないような経験をもするが、宇宙は許している。愛している。誰も信じることができない。そんな思いや経験することさえも、宇宙は許し愛している。

そんな、本当の意味でのありのままを体験するために、生きているのだろう。

僕にとって、

 

愛=宇宙=生命=神=人間=全て

 

だと思っている。そう思った方が、しっくり来る。

 

完璧なのが愛だと思うかもしれないけれど、

未熟ささえも完璧で、愛で、宇宙だ。

 

なんとなく、善で優しさのようなものだけが、愛や神のような気がするかも知れないけれど

それは、愛や宇宙の片方だけの話で

悪も怒りのようなもの愛だ。きっと。

 

そんなふうに思えるのが、愛だと思うかも知れないけれど

そんな風に思わなくても、それも愛なのだ。

 

この世界が矛盾に満ちていること、曖昧であることが理解できれば、

すぐには馴染めないかも知れないけれど、本当の愛を使っていけるような気がしている。

 

でも、そんな愛を使うことができなくても

そんなあなたを、宇宙は神は愛は、愛しているのだ。

 

それが、僕が思っている

 

唯愛論

結局何が言いたいのかって?

 

なんでもいいから、好きなように、思うように生きろってこと。

 

迷ってても、遠回りしてても、唯、唯、生きるってことそのものが、愛なんだよって。

 

結果はどうであれ、

僕らが宇宙(愛)の外に放り出されることはありえないから(笑)

 

唯唯、自分を生きればいい=あるがままに生きる

 

それを、宇宙は許してるんだ。

 

今は、これが僕の精一杯の愛についての答えだと思う。

 

信じるか信じないかは、あなたしだいだ!!

知らんけど(笑)