味方と見方と見型

本当に社長さんは色々だ。

 

良し悪しでなくて、本当に色々、様々。

 

ほんとんどの人が、癖があるんだけど、うちのお客さんで

畳屋さんの社長がいて。まぁ~職人さんなんだけど。

小さくやってる人だけど、商売センスもかなりあって。

 

もっと大きくしたらいいのになぁ~とは思うけど、業界が業界だから

なんとも言えないんだけど。

 

やっぱり、職人さんは気持ちいいですね。

考えがピシッとしてて、わかりやすい!!

ものづくりの目線で、商売も見てるから、

何が気持ちよくて、何が気持ち悪いのか?が見えてる感じ。

 

自分に正直って、こういう人のことを言うんだな~と

 

でも、もちろん色々と苦労もされてて、その経験から学んではる。

 

やっぱりぶれてないよなぁ~って

商売の見方

お客さんの見方

お金の見方

仕事の見方

業者さんに対しての見方

従業員に対しての見方

 

いろんな見方に、一本筋が通ってて

とっつきにくいところもあるけれど

結果としてそのあり方に

味方(お客さん)

 

が着いてきています。

 

やってる仕事や業界は違えど

本質は同じなはず。

 

色々と、見習って取り入れていきたいなぁ~と思いました。

 

よし!頑張ろう!!

 

by 川上高史@答えは自分の中に、ヒントはすぐそばに。