見えてないからツライ

見えてると楽なんですよね。

 

見えてないとツライんですよね~

怖くなったりもします。

 

でも、ちょっと工夫したら見えるんだけど

慣れちゃって、面倒くさくなったりして、

ちゃんと見ようとしなくなっちゃうんですよね。

 

あ、仕事の話ですわ。

 

本当はちゃんと見たほうがいい、見えるようにしたほうがいいんだけれど

慣れちゃうって、なかなか怖いですよね。

 

よくビジネスでは、「見える化」という言葉が使われますが、

まさしくその見える化の話ですよね。

 

でも、その前に

見ようとしてるのか?

 

見ようとすると、絶対に見えてくるもんなんですよ。

 

あきらめちゃいけない。

 

見えたからって、どうなるってことでもないけれど

 

「見ようとすること」と「その見えたものを形にすること」は

なんだかとても大切で、丁寧な仕事のひとつなのだと思う。

 

最近仲間ができて、より一層そのことの大切さを体感してるし

フリーでやっていた時にできなかった、まさしく

「見える化」や「仕組み化」が少しずつできつつあります。

 

言い訳だけど、一人で目一杯やってると

見れなくなるし、見たくなくなってくる。

見てもできないし。目測だけでなんとかしのいじゃうし

ある程度はしのげちゃうんです。

 

でも、そのままでは、ぜったいにエライことになる。

どこで気がつくかです。

 

出来上がった組織に入ってる人にとっては、そんなもん、できてて当たり前かもしれないんですがね~

 

この、0からこういうものが生まれてくる物語が、なんとも面白い。

 

 

こういうものって、どういうものよ?

ん~~~ちゃんとした組織?かな?仕組みとか、質の高い仕事とかかな?まぁええがなええがな、雰囲気で聞いてください(笑)

 

 

ちゃんと、何かが生まれてくるには、理由があるんですよね。

どんなものにも。

 

 

知ってるだけじゃ、なんにもなんないよ。やらなきゃ。

 

でも、やるだけでも定着しないんよ。思いや理由がなきゃ。

 

受粉しない。生まれない。花咲かない。

 

今がその時なんだなぁ~と、なんとなく感じる。

ちゃんと生む時。花咲かせる時。

 

ちゃんと、一つ一つの細胞が目覚めだして、つながって

形になっていく、再生していく。。。。動きというか、生命を感じる。組織に。

 

不思議だね。おもろいね。

 

今日も皆さんご苦労さまです。本当に素晴らしい経験をさせてもらっています。ありがとうございますm(_ _)m

 

by 川上高史@見ようとし過ぎ